エクラシャルムのおかげでお化粧デビュー

私は数カ月前にやっと化粧デビューをしました。
今時の若い人からみたら、かなり遅れた化粧デビューだと思われます。
エクラシャルムを使う事でニキビが改善できたのでそのおかげだと本気でおもっています。

 

化粧といってもファンデーションは使わないし、コテコテのマスカラなども使いません。
してるかどうかわからないくらいの極薄化粧なのですが、自分で見ると格段に綺麗になったと感じます。
化粧をする前には、ベビーパウダーをはたきます。

 

エクラシャルムと化粧水は一緒に使っても良い物なのか

 

化粧水や美容液でケア仕立ての肌はべたべたしますので、最低でもケアからは15分は置くようにします。
その方がメイクのりがいいし、仕上がりも綺麗だからです。
ベビパの上には化粧下地効果のある日焼け止めを使います。
液の色は黄色よりもピンクの方が私の肌にはあっているようです。
その後はコンシーラーでクマを消し、瞼にはアイシャドウベースを塗ります。
それからまたベビパをはたいて、最後にチークをやってベースは完成です。

エクラシャルム
をニキビが出来たところに塗ってからはメイク直しはキャンメイクの透明な白粉や、オルビスのフェイスパウダーを軽くはたいて済ませます。
特にキャンメイクの方は、コンパクトもとても小さいので持ち運びに大変便利です。
アイシャドウは、キャンメイクやスイーツスイーツなどの比較的安価なメーカーの物を使っています。
メイク初心者なので自分に似合う色を見つけるまでは、高価格帯の化粧品は避けた方が失敗しても被害が最小限で済みます。
持っているアイシャドウは青みのあるピンク系と無難なブラウン系です。
好みなのはピンク系ですね。

 

エクラシャルムのおかげでお化粧も満足にできるように

 

最近はやりの血色メイクも、微かに取り入れています。
メイクをするまでは血行不良で顔色が悪く、元気でも「具合悪い?」と聞かれることもありました。
しかしメイクをしたらいかにも健康的な顔や表情になります。
エクラシャルムを使い続けたからこそお化粧ができますし幸せです。

 

たかがメイクじゃ変わらないだろうと思っていましたが、その認識をすっかり改めました。
試しに男友達や夫に意見を聞いてみましたが、目元がキラキラしてて可愛いし頬がピンク色なのも萌えると好評でした。
今までスッピンを貫いてきたのでメイクをするのは気恥ずかしさがありますが、これからも自分に似合ったメイクを続けていきたいです。